より勝てる要因とは

 こんにちは 西田です。
 
 今日は、経営を自動車に喩えてお話ししたいと思います。

 今日の朝ドリ

 → こちら

 先日金曜日から本日にかけて20本くらい上がっています
 よかったら

 テーマは中小企業のオーナー経営者の悩み、です。

 → こちら

 ▼

 僕からすれば、多くの経営は、
 サイズの問題は置いておいて
 
 体型に喩えればぼよぼよ(ぶよぶよ?)

 これを

 → スタイリッシュ 
 → アスリート
 
 にしていく。

 なので、経営に対する「趣味・価値観」次第です。

 経営をそういう風にしたいという
 思いがある人には響くし
 そうで無い人には????でしょう。

 響く人には、、

 まず伝えて実行に取りかかるのは 

 計器の整備 
 → より勝てる要因の発見 
 → レバレッジ

 となります。

 今日はその計器について

 計器は、

 僕らが子供の頃憧れたギア付き自転車にも
 スピード計は付いていた。
 
 軽自動車にも付いている。
 乗用車にも付いている
 
 どれも、用途と計器がうまくマッチしていれば
 無いよりはましで、まぁ使えます。

 でも、

 経営においてスタイリッシュになって
 アスリートになるなら

 (ここからわ喩え話わからなくもかまいません)
 例えばジムカーナにはジムカーナ用の
 峠族ならそれの
 0-400ならそれ用の。
 ダートならダートの
 24ル・マンならそれ。
 スプリントならスプリント
 パリダカならパリダカの
 フォーミュラシリーズならそれの

 適したメーター・計器がいります。

 逆にいらないものはいらなくて
 余計にあると判断するのに情報過多になります。

 そういう、経営上にどんなメーターが必要なのかも大事。

 そして、もうひとつ大事なのが

 その計器を読んで、どう手を打つのか?
 手を打って、どう計器にレスポンスが帰ってくるのか?
 
 そして、その計器のチューニングも必要
 そして、また、手を打つ。

 これが経営においてできると
 「ドライバー」は安心して運転出来る

 僕の仕事は経営のチューニング、しかも
 ファインチューニングですね。
 
 ファインチューニングしないで
 馬力だけアップした車は、
 すぐにぶっ壊れます。

 経営も同じですね。

 ぶっ壊れないようにチューニングして
 しかも馬力も上げていく。

 結果、見た目普通、中身モンスター
 そんな経営が好きです。(笑)

 にしだ拝

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】


記事が参考になりましたら、「いいね!」をお願いします。
コメントもお待ちしております。