負けている?勝っている?

今晩は DMC、横浜の西田です。

今日は、歩いていても手が冷たくなるくらい
ちょっと肌寒いですね。

昨日の、

「これができると経営が楽しくなる」

「これ」見ました?

→ こちら

愉快になります。
楽になります。
明快になります。
苦痛が無くなります。
靄が晴れます。

今日は、スカイプで質問された
「負け方の5分析」について

なぜ?負け方なのか?

横綱千代の富士は、勝ち相撲ばかりを
頭の中で再生していたそうです。

いい事業はいい時を何回も頭の中で
再生したら、いいのでは?

相撲は、経営に較べて一瞬。
かつ、その瞬間ひとつこと。

経営は、
あれこれ、たくさんのことが
同時、しかも遠い昔に仕込んだことが
今、影響したり・・・
今、仕込んだことが花開くのは
先だったり。

では、今の打ち手は?
どうやって判断するのか?

昨日の固変分解もその一つ。

負け方。

もそのひとつ。

今の自分がいけているよね、と
感情的にhiになって、
乗っていくのは事業家としては
とってもあり。

並行して、悲観的に
慎重に、疑い深く、貸付係銀行員のように
用心深くもある必要があります。

今、勝っていると思ったら?

奢りとか怠惰とか、慢心とか・・・。

生まれないなんて言うほど
出来た人ならいいのですが

僕なんか慢心と怠惰と奢りが
すぐに襲いかかってきてしまいます。

だから、

「今は負けている」んです。

その中から、削ぐように、
負けていることをやめる、はずす、
取り除いていく。

そうすると・・・。

前よりもちょっと負けていなくなる。
でも負けている。
なので、また、慢心せずに

削ぐ。

この繰り返しです。

固変分解もその一つ。
会計においての負け方の分析です。

ぜひ

→ こちら

今、勝っている?
それは素晴らしい^^

にしだ拝


記事が参考になりましたら、「いいね!」をお願いします。
コメントもお待ちしております。