ha!? 重要な順序を間違えっぱなしを確認 する

 西田です。

 昨日まで2日間、コンサル養成講座の基礎2日間でした。
 懇親会で話した話を少しだけ。

 『海猿』(海の救助)
 『め組の大吾』(陸の火事などの救助)
 
 のマンガで知った話。
 本当かどうか確かめていませんが、まぁ、うそでは無いでしょう。
 
 「災害現場では近親者は最後」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 要救助者が先、と。

 「実験」と「思考実験」という言葉があります。

 実験は実際にやって確かめる
 思考実験は、頭の中でやる。

 もしも、あなたが、災害の現場で海でも陸でも
 空気、酸素が無いことで死にそうだとして、
 酸素ボンベが、自分ともう1人分しか無いとしたら・・・
 
 そこにスタッフと家族がいます。

 あなたはどちらにボンベを差し出しますか?
 細かい条件設定とかめんどうだから省きましょう。

 ・・・

 その答えと、

 普段の経営を通した人生の重要な順序があっていますでしょうか?

 この質問で、「家族」と答えるのに
 普段は、そうしない。

 家族を最後にしているとしたら・・・
 
 → こちら

 何だって、そうですが、前提・基準を知った上で
 今は・・・、現状はこうだから・・・、〜いつまではこうする
 と、対峙し、日常を送る、それはありです。当たり前です。
 「いいんじゃないですか、わかってやっているんですから」です。
 どっちかを大事にしたいということはどっちかを比較において
 大事にしないという選択をするということ。

 いいんです。

 確信犯なら・・・。

 でも、いつかとお化けは出たためしがない、は本当で
 いつか、「大事にする」は来ない、来ない。
 だいたい、そんなことを公言しているのは腹の底では
 思っていない「欺瞞と偽善」です。
 
 対外者にどう思われるかで繕って経営していない?
 だって、あなたは知っていますもん・・・。
 

                           にしだ拝


記事が参考になりましたら、「いいね!」をお願いします。
コメントもお待ちしております。