商品開発シリーズ⑦☆に連れて行ってからお金を頂く訳ではない

こんにちは、西田光弘です。

今回は一連のビデオで、商品開発ということでお話をしています。

商品開発は全然難しくないんだ、ということで他のビデオでお話をしているので、見ておいてください。

○○だ、という風に言っています。

商品開発とは○○だ、という風に言っています。

これが分かれば、他のビデオを全部見て、言っている意味が分かると思います。

今回は、どうやってお金にすればいいか分からない、ということなのですが、今回はその逆を行ってみたいと思います。

この、最初から見せている紙がありますね。

「商品の開発ができない人」という、これは悩みシートなのです。

これは、他のビデオで僕が冒頭で言っているのですが、僕はコンテンツメイクをずっとやってきているので、商品が開発できないのだという悩みが、本当の意味では理解できないのです。

そうすると理解できない、例えば、商品開発ができなかった、という体験がない人に「商品開発できますよ!僕もできなかったんですよね」という共感がないとすると、物って売り辛い訳なのです。

でも、ここに書いてあるように、そして他のビデオでご説明したように、○から☆に連れて行ってさえあげれば、人は喜ぶ訳です。

時間軸と共にこういう風に上がって行くと。

では、僕が今やっていることというのは、商品開発ができないという悩みを持っている人に、このビデオを通して、商品開発ができるための方法のちょっとしたTipsをお話をしています。

そうすると、この1本や2本で、2分、3分のビデオで「すごくできた!」という訳にはなかなかいかないと思うのですが、この2分、3分のビデオを10本、20本、30本ともし見ていただければ、商品開発ができるようになったとしますね。

そうすると、ここでできた、ということで、☆に移動する訳です。

ここが一番ポイントなのですけれども、☆に移動してからお金を頂く訳ではない、というのが商売のキモだということです。

☆に移動でき○○、について、はお話をしていきます。

【動画はこちら】

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】


記事が参考になりましたら、「いいね!」をお願いします。
コメントもお待ちしております。